洗浄方法・オプション

きれいに、そして衛生的に洗い上げることをモットーに取り組んでいます。設備・システム・人材を整え、お客様に安全に、そして安心して頂けるよう努めています。今後も今以上に努力をして取り組んでまいります

クリーニングの特長

ドライクリーニング

ドライクリーニングとは、水洗いすると縮んだり、形くずれしたり、色が落ちたりするような衣料品を、水の代わりに有機溶剤を用いることで衣料品への悪影響を抑えた洗浄方法です。
ドライクリーニングで一番大切なのが溶剤管理です。溶剤は繰り返し再利用するものであり、一度使用した溶剤をきれいにするには 1、フイルター循環方法 2、蒸留方法があります。
1のフイルター循環方法は経済的ですが、一度使用した後の汚れを完全には取り去ることが難しいとされています。また、2の蒸留方法は経済的には高コストですが、きれいな溶剤管理が容易に可能です。
弊社ではこの様な観点から、2の蒸留方法を採用しています。

当店のドライクリーニング

  • area1-1
    無臭洗いスタンダードおしゃれ義デラックス

    クリーニングしたのに、ニオイがすると感じたことはありますか?
    クリーニングの溶剤は繰り返し使うため、きちんとした管理が大切です。その管理がおろそかにされると、ニオイが発生します。
    当社では溶剤を毎回蒸留するので、ニオイが発生しません。

  • area1-2
    少量洗いスタンダード

    当店には、16㎏のドライクリーニング機械が5台あります。それらの16㎏の機械能力に対して60~70%の負荷量、つまり少量の衣類だけで洗うことで、衛生的にきれいに洗い上がります。

    お客様単位洗いスタンダード

    おしゃれ着コース、およびデラックスコースでは、大きな機械で、1点からお客様単位洗いを行っています。デリケートな商品を、よりきれいに、衛生的に安全安心していただける洗い方です。

  • area1-3
    W洗いおしゃれ義デラックス

    汚れには大きく分類して、水溶性と油性があり、水溶性は水洗い、油性にはドライクリーニングで対応します。洗いあがってきた商品に、しみが残る場合があり、そういった場合にもう一度ドライクリーニング、もしくは水洗いをすることで、しみを落とします。(ただし水洗い可能商品に限る。)
    ドライクリーニングのみの商品には、汗抜きクリーニング(ウエットクリーニング)をお勧めいたします。

  • ランドリー(水洗い)

    area1-4
    スタンダードおしゃれ義デラックス

    ランドリー(水洗い)とは、ワイシャツやシーツなど、水に対する耐久性のある衣料品を石けん、洗剤、アルカリ剤などを用いて、洗濯機で温水洗いする洗濯方法をいいます。近年化繊素材、化繊混紡素材の商品が多く出回り、これらの商品も水洗いが可能です。

  • 汗ぬきクリーニング

    area1-5
    スタンダードおしゃれ義デラックス

    洋服のクリーニングはドライクリーニングが基本ですが、水溶性の汚れである汗などは落とすことは出来ません。それらの汚れを落とすにはドライクリーニングにプラスして、ウエットクリーニング(水洗い・汗抜きクリーニング)、またはしみ抜きをしなければなりません。放置していると酸化して、黄変してしまいます。黄変したシミは落とすことが大変難しくなります。

ウエットクリーニングとは、本来ならドライクリーニングにする商品を、水洗いする方法です。近年、衛生思考からニーズが高まり、平成28年にウエットクリーニング処理記号が設けられ、表示が義務付られました。
水溶性汚れが広範囲に付着している場合には、収縮や風合いを極力避けるように工夫した穏やかな「汗抜きクリーニング」をお勧めです。

こんな時・こんな服におすすめ

  1. 大量の汗をかいた時

    見た目ではわかりませんが、塩分・尿素・脂質・皮脂が残ったままです。

  2. 着用の多い洋服

    気が付かない内に、飲料水など水溶性の汚れが付いていたりします。定期的に汗抜きクリーニングをおすすめします。

  3. 夏に着用した洋服

    シーズンが終わったら、黄変予防のために汗抜きクリーニングをしておきましょう。

乾燥の特長

当店の乾燥

乾燥で注意するべきことは、型崩れ縮み装飾品などの壊れ破れなどです。ぬれている状態が一番型崩れが起こりやすく、細心の注意を払い、乾燥をする必要があります。
乾燥には、自然乾燥・成形乾燥・静止乾燥・タンブラー乾燥の4種類があり、弊社では成形乾燥&静止乾燥を採用しています。型崩れを防ぎ、縮みやボタンなど装飾品の破損を防ぎ、デリケートな商品を傷めることなく乾燥します。

  • area1-6

    自然乾燥

    自然乾燥は、温度を高くせず、日陰で自然な状態で乾燥することです。主に着物類、毛皮、革商品など、高温を好まない品物は自然乾燥を行います。ただし品質を保つには良いのですが時間がかかります。
    また、ハンガーに掛け、静止乾燥機で乾燥を行うと、肩が伸びてしまう物、大きく重いために機械乾燥室で取り扱いできないジュータンやふとん、ベットマットレスなども自然乾燥となります。

  • area1-7

    成形乾燥

    型崩れは、濡れた状態の時に一番起こりやすくなります。
    そのため、汗抜きクリーニング(水洗い)を行った背広など、型崩れ・縮みを起こしやすい商品は、人体成型乾燥機で形を整え、乾燥をし、型崩れを防ぎます。

  • area1-8

    静止乾燥

    静止乾燥はタンブラー乾燥(回転乾燥機)と違い、ハンガーに掛けて静止した状態で乾燥を行うため、タンブラー乾燥の欠点である縮み・ボタン装飾品の壊れを防ぎます。デリケートな品物に向いているため、弊社では静止乾燥機を主力乾燥としています。

  • area1-9

    タンブラー乾燥

    コインランドリーなどに在る乾燥機です回転をしながら乾燥を行い非常に早く乾燥がおこなうことが出来ます、特徴は早い 柔らかく仕上がる 計画が立つ 欠点は縮む 型崩れを起こす やぷれる ボタン 装飾品などを破損してしまう。

仕上げの特長

当店の仕上げ

仕上げの基本は、商品が仕立て上がってきた状態に極力近づけることです。型崩れを修正し、縮みを伸ばし元の状態に近づけます。当店では、最終的に人体成型機(世界の一流アパレルメーカーでも使用の成型機)で成形した後、アイロンで手仕上げします。

  • area1-10
    立体成型仕上げスタンダードおしゃれ義デラックス

    仕上げでの立体成型は、手仕上げをし易くするための作業です。乾燥工程でも行っていますが、再度、型崩れ縮みを、ここで直します。

  • area1-11
    手仕上げおしゃれ義デラックス

    人体成型機では型崩れ・縮みが取り除かれますが、全てが出来る訳ではありません。エリ・袖口・前立て内側など、人体成型機では難しい部分があり、そういった箇所は熟練した職人が、最後に手作業で仕上げていきます。

オプションについて

人体に優しい加工剤を厳選し、地球環境にも配慮したもので加工を行います。

  • area2-1

    しっかり洗い衣類衣類以外

    通常のドライクリーニング、または水洗クリーニングをしても落としきれない汚れを付けてしまった時などにおすすめです。洗う前に特別な処理を施すことで、きれいに洗い上がります。
    おすすめ…ジャンバー、コート、作業着など、ひどく汚してしまった衣類

  • area2-2

    防虫加工衣類

    家庭の防虫剤と違い、洋服に直接加工を行っています、洋服全体に加工が施され家庭の防通剤と違いより安心した効果が期待できます。
    おすすめ…セーター、オーバーコート、上着など、高級ウール素材の衣類

  • area2-3

    防ダニ加工衣類以外

    防ダニ加工は、布団類、布団カバー、毛布、ジュウタンなどへの加工が中心になります。繊維の奥まで加工が施され、効果が長く続きます。
    おすすめ…お布団、ジュータンなど寝具類・インテリア用品など

  • area2-4

    超はっ水加工衣類

    超撥水加工は繊維糸にバリヤーを張る加工です。(※防水ではありません)
    通気性に富み、蒸れを防ぎ、水・油をはじき、汚れを予防します。
    おすすめ…ネクタイ、コート、ダウンジャケットなど

  • area2-5

    UV加工衣類衣類以外

    しみ・そばかすの原因である紫外線を、98.4%カット。肌を守ります。
    おすすめ…傘、帽子、夏物衣類など

  • area2-6

    防臭・抗菌におワン加工衣類衣類以外

    防臭加工です。家庭の防臭スプレーのように、表面のみ加工するのではなく、洗い・すすぎ加工を施すことで、繊維の中まで加工が施され、効果が長く続きます。
    おすすめ…肌に直接触れるお品物、ワイシャツ、シャツ、背広など

  • area2-7

    抗菌ウイルス加工衣類衣類以外

    繊維上の特定のウイルスを減少させる加工です。
    ※全てのウイルスに効果を保証するものではありません。
    おすすめ…上着、コートなど

  • しみぬき

    洋服をいつまでも綺麗に着るには、しみが付いたらすぐに取る事が大切です。10日以内に処理をすればたいていのしみは簡単に取る事が出来ます。黄変などしてしまうと、後で漂白をしてしみが取れても色がはげたりし、色掛けをしなければならなくなったりします。手間が大変かかり、最悪取れないこともあります。いつ迄も綺麗におしゃれを楽しむには、こまめなお手入れが必要です。

  • area2-8

    誉しみぬき衣類衣類以外

    血液、カレー、ケチャップ、マヨネーズ、ボールペン、ペンキ、サビ、黄変などを洗っても落とすことが出来ない場合の、部分しみぬき処理です。
    3×3cm内で1箇所とします。(3×3cm内のしみであれば、2つ以上のしみでも1箇所といたします。)

  • area2-9

    黄ばみ取り衣類衣類以外

    長く着用していると、次第に黄色くくすんできます。夏の洋服、ブラウス、シャツなどの襟・脇下・袖口などが、薄く黄ばみを感じた時は、黄ばみ取りをおすすめします、全体を軽く漂白することでスッキリと蘇ります。酷い黄ばみには、誉れしみぬきをおすすめします。

  • area2-10

    カビ取り衣類衣類以外

    カーテン、敷布、洋服など、濡れたまま放置しているとよくカビが発生します。商品全体を漂白処理することになります。

  • 無料しみぬき衣類衣類以外

    ご希望があれば、汚れて日が浅いしみは、無料でしみぬきをいたします。
    一度洗ってしみが残っていれば、W洗い(水洗い可のお品物のみ)、もしくは簡単なしみぬきを行います。
    ただし、無料の範囲内ではできないと判断し、しみぬきをしない場合もございますので、どうぞご了承ください。

  • area2-11

    色掛け(色柄物)衣類衣類以外

    黄ばみ取りで行う漂白は、白生地には適していますが、色柄物だと色はげを起こします。
    そういった、しみが出来てしまった色柄物、また、着用中のトラブルで色がはげてしまった衣類には、色掛けがおすすめです。生地の色、色柄に合わせ色を付けて、目立たなくする、かなり高度な技術です。

パック(セットメニュー)について

オプションがセットになった、便利なパックもご利用いただけます。

  • 学生服パック

    汗抜きクリーニングと超はっ水加工のセットです。

    area3-1
  • 爽快パック

    しっかり洗い&超はっ水加工のセットです。ダウン・背広・ジャンパーにおすすめです。

    area3-2
  • 衣替えパック

    不織布付防虫加工です。衣類を片付ける時におすすめです。

    area3-3
  • ビジネスマンセット1

    スーツを上下で一緒にお出しいただくと、ワイシャツが1枚無料となります。

    area3-4
  • ビジネスマンセット2

    ネクタイとワイシャツを一緒にお出しいただくと、ワイシャツが1枚無料となります。

    area3-5